横浜市港北区綱島で、マッサージ・鍼灸・O脚矯正・美容鍼灸、訪問マッサージなどお探しならトータルケア綱島へ

新着情報

2021/11/27
つるスベ美肌に、美容鍼!

最近お肌がゴワゴワするな…なんていうとき

どんなお手入れをされていますか?

 

 

手っ取り早く効果が実感できるかなというものに

ピーリングがありますね!

 

古い角質を削り取る効果があるピーリングを上手に使えば

ゴワゴワした肌も、つるスベ美肌になりますし

古い角質と皮脂が毛穴を塞ぐのを防いでニキビの予防にも!

 

ですが、お肌にとっては刺激の強い方法なので

ピーリング後の保湿ケアを怠ると

乾燥してしまったり赤みがでたりすることも。

 

 

では、乾燥肌や敏感肌の方はどうやって

ゴワゴワ肌のケアをすれば良いのでしょう??

 

答えは、、、余分な摩擦刺激を加えない!!

 

美容鍼で、お肌の毛細血管を充実させれば

ターンオーバー(お肌の新陳代謝)が正常化し

自然と赤ちゃんのような、ぷるぷるつるスベ美肌が戻ってきます!

 

 

「でも、鍼なんて刺したら相当強い刺激なのでは…??」

と思われた方は、ぜひ次回のお知らせもご覧ください!

2021/11/20
毛細血管を増やす美容鍼!

前回、血流を増やして血管を使ってあげることで

毛細血管の減少を食い止めましょう!とお話しました。

 

機能改善や病気の予防に効果的だといわれますが、

実は、美肌にもとっても大切なことなのです!!

 

 

お肌の細胞は、ターンオーバーといって約28日で

新しいものに生まれ変わっていっています。

 

ですが、これは理想的な状態の話で

実際にはこれが40日だったり60日だったり!

遅くなっている人が多くいらっしゃいます。

 

お肌がガサガサ・ゴワゴワしたり

くすんでみえる、シミが多い…などがサインです。

 

 

ターンオーバーが遅くなってしまう原因のひとつに

お肌の血流の悪さがあるのです!!

 

酸素や栄養が行き届かなければ、きちんとした代謝が行われず

古い角質がたまって、くすみやシミの原因に。

 

また、血流が悪いとコラーゲンを生み出す細胞が働かず

シワやたるみの原因にもなります!

 

 

美容鍼では、以前お話した『フレア現象』を使って

施術局所の血流を良くし、その部分の毛細血管を充実させます。

 

 

マッサージは、①血流改善、②古い血液・リンパを心臓に戻す

という大事な効果がありますが、やりすぎてしまうと

お肌を摩擦刺激によって傷つけてしまうことも。

 

美容鍼と上手く組合せてあげることで、余分な摩擦刺激を与えず
効果的に、シミ・シワ・くすみ・たるみのない
美肌をゲットすることができるのです!!
シミ・シワ・くすみ・たるみなどでお悩みの方は
ぜひ美容鍼をお試しください!!^^

2021/11/13
鍼灸で、毛細血管を増やして健康に!

最近、健康と「毛細血管」の関わりが注目されていますね!

 

 

血管は、心臓から出て(→太い)各組織へ行き届き(→毛細血管)

また心臓へ戻ります(→太い)。

 

毛細血管は、組織のひとつひとつの細胞に酸素・栄養を届けるために

とても細く、またとても細かく分枝しています。

目には見えない血管ですが、大切な働きをしてくれているのですね!

 

 

身体は、あまり使われていないとそこへの血流が少なくなります。

血流が少なくなれば、当然毛細血管の中を通らなくなるので

この毛細血管は必要ないな…と、減少してしまいます。

 

60〜70代では、20代の頃の60%ほどにまでなってしまうそうです。

 

 

使われていない部分もですが、筋肉がこっているところも危険です!

なぜなら、筋肉がこっていると、筋繊維が膨らんで毛細血管を圧迫しますが

圧迫されると当然血流が行かなくなってしまうのです。

 

血流の行かない血管はどうなるでしょう?

使われていないのと同じことですよね!!

 

毛細血管が減少し血流がなくなった組織は酸素・栄養不足となって働けず

その部分の機能低下を起こし、病気にもなりかねません。

 

 

そうならないために!!

 

 

実は、鍼灸治療をすると『フレア現象』といって

施術した部分のまわりが赤くなります。

毛細血管にしっかりと血流が行っている証拠です。

 

筋肉がこっていると、運動してもなかなか血流が改善されませんが

鍼やお灸をすることで毛細血管を元気にすることができるのです!

 

 

年齢とともに毛細血管が減ってしまうのを食い止めるため!

そして機能低下や病気を引き起こさないため!

鍼灸治療で、毛細血管を元気にしていきませんか?

2021/10/23
頭痛の対処法、実践する前に大切なのは

前回、頭痛が起きたらすぐに薬に頼りすぎるのではなく

日頃からのケアで、頭痛が起きる回数を減らしていきましょうとお話しました。

 

ではその日頃からのケア、事前に行う対処法について

今回はお話していきたいと思います!

 

————————————————————

 

頭痛には〇〇するのが良い!という前に、

しなくてはいけない大切なことが、ひとつあります。

 

それは…頭痛の「原因」を考えること。

 

頭痛という一つの症状でも、原因はさまざま。

 

①首や肩まわりの筋肉のコリが原因となっているもの

②頭の血管が、何らかの刺激によって拡張して起こるもの

・脳などの重篤な疾患が原因となっているもの

・原因がはっきりしないもの …などなど

 

①は緊張型頭痛、②は偏頭痛(片頭痛)と呼ばれるものです。

どちらもよくある頭痛なのですが、対処法は正反対。

対処法を間違えてしまうと、悪化してしまうこともあります。

 

なので、あれこれ試す前に、まずは頭痛の「原因」は何か。

それをしっかり考えてからにしましょう!

 

————————————————————

 

ちょっと難しい話なのですが…

緊張型頭痛と片頭痛のどちらも起こす方もいらっしゃいます。

 

今起きている頭痛の原因は何なのか考えてみて、もし判別が難しい場合は

私たち専門家を頼っていただくのも良いかと思います。

 

皆さんの健康のお役に立てますように(^^)

2021/10/16
頭痛のときの対処法、まず何をする?

あー何だか頭痛くなってきたーというとき。

頭痛持ちだったりすると、またか…と思いますね。

 

そんなとき、皆さんはどう対処されていますか?

仕事をお休みして、ゆっくり休むでしょうか?

それとも、頭痛薬を飲むだけ飲んでまたお仕事…でしょうか?

 

本当はゆっくり休みたいと思うけれど

頭痛くらいではなかなか休めないよ!という方、多いのではないでしょうか。

 

————————————————————

 

私もついつい手軽な頭痛薬に頼ってしまうこともありますが、

薬には、副作用もありますので、充分に気を付けなければいけませんね。

 

同じ副作用でも、急に胃が痛くなったりすればまだ気付けますが

肝機能障害を起こした場合、倦怠感・食欲不振・発熱・かゆみなど、

その症状は、薬の副作用だと気付きにくいものも多いです。

 

実際に、解熱鎮痛薬を常用していて、特にこれといった不調の自覚がなく

健康診断の結果で「肝機能障害」と言われる方も多いです。

薬に頼りすぎて、知らないうちに身体を壊してしまわないようにしましょうね。

 

————————————————————

 

忙しい生活の中でも、少しずつケアを続けていくことで

頭痛の起こる頻度を減らしていくこともできます。

 

ケアの方法は、自分でできる「セルフケア」もありますし

私たち鍼灸マッサージ師だからこそできる、お一人お一人の体質に合わせた

「オーダーメイドのケア」もあります。

 

上手に活用して、より健康的な毎日を送りましょう!!