横浜市港北区綱島で、マッサージ・鍼灸・O脚矯正・美容鍼灸、訪問マッサージなどお探しならトータルケア綱島へ

新着情報

2016/12/22
冬至の過ごし方 その2 ~ゆず湯~

冬至を迎えましたが、皆さんゆず湯には入られましたか?

 

ゆずは強い香りを持っていますが、この香りによって

悪い気が払われるとされて冬至にはゆず湯、となった説があります。

(「ゆず」は融通がきくように、「冬至」は湯治とかけて、ともいわれます)

 

確かに、アロマなどの良い香りを嗅ぐと気持ちがスッキリしますよね^^

 

 

さて、ゆず湯に入るのは年に一度という方が大半かと思いますが

そうなると何となくもったいなくて長風呂になってしまいがちなのは

私だけでしょうか…(笑)

 

日本人は世界から見てもお風呂大好きな民族だそうですが、

お風呂の入り方にも少し気をつけないと、健康に良くないことも!

 

今日は東洋医学的お風呂の入り方のポイントについてお話しします!

 

 

①長風呂しない

 

ゆず湯にしてみたり、はたまた本を読んだりなんてしていると

ついつい1時間くらいは入ってしまう…なんていう方は要注意。

 

お風呂と同じくらい全身が温まるように運動しようとすると

結構なエネルギーを消費しますよね?

実際、お風呂では意外と多くのエネルギーが消費されます。

 

体力に相当の自信がなければ、あまりおススメできません…

 

 

②熱すぎない温度で

 

すぐに身体が温まりまた汗をかくことで気分がスッキリする、と

高めの温度設定で入る方もおられると思います。

 

ですが、高めの温度というのは身体にとっては強い刺激であるため

交感神経(戦闘モードをつくる)が働いてしまいます。

 

睡眠時には副交感神経(リラックスする)が優位になる必要があるため

より良い睡眠、より良い休息のためには、熱すぎない温度が重要です!

 

また、①同様に体力を消耗するため、疲れやすい方にはおススメしません!

 

 

お風呂に入ると、全身の気や血(けつ)のめぐりが良くなり

ストレスや痛みの改善が期待できます!

 

以上のことを踏まえて、適度な時間・温度で楽しみましょう^^

 

2016/12/21
冬至の過ごし方

今年の冬至は12月21日。

 

冬至を境にどんどん日が長くなっていきますが

東洋医学ではこれを、陰陽の考えで捉えます(陰陽論)。

 

陰陽とは、物事をその性質から2つにわけたもので

例えば動的なものは陽・静的なものは陰…としています。

 

季節でいえば、夏は陽・冬は陰とされているため

冬至はちょうど陰のピークであり、ここからだんだんと

陽である夏へと切り替わっていくことになります。

 

 

私たちは、夏になれば何となく開放的(=陽)な気分になりますよね!

自然の中の季節の移り変わりに、体調や気分を少なからず左右されています。

 

エアコンなどが普及して年中快適に過ごせるようになったとはいえ

自然から受ける影響は、ゼロではないのです。

 

だからこそ、自然の流れに沿った生活を送ることが

身体に無理のない、健康を保てる秘訣なのです!!

 

 

冬至の前後のこの時期というのは、

まだ陰の力がとても強いので無理に身体を動かしたりしようとせず

夜にはしっかりと睡眠を取りましょう!

 

ですが、少しずつ身体を活動的(=陽)にしていきたいので

新年を迎えることをきっかけに、何か新しいことを始めたりしてみるのも

良いかもしれませんね!^^

 

ですが、まだ身体は陰モード。急に頑張りすぎるのは禁物です!

大掃除や帰省の準備など、焦らないよう少しずつ行なっておきましょう(笑)

 

 

 

無理をしてしまった!お疲れモードのときにはぜひ当院へお越しください^^

2016/12/01
年末年始の営業日のお知らせ

早いもので本日から師走で残り僅かとなりました。

今年も一年ありがとうございました。

たくさんのご縁をいただき、皆様のために毎日の施術ができることに感謝し、

患者様ひとり一人が、元気な笑顔になれますようこれからも

親切、丁寧な治療院でありたいと思っております。

*年末年始の営業日のお知らせ*

<年末>
平成28年12月28日まで

<年始>
平成28年1月4日から

本年中はご愛顧いただきありがとうございます。

また来年もよろしくお願いいたします。

2016/07/23
夏期休暇「お盆期間中の営業について」

 

当院では、2016年8月11日(木)~15日(月)の期間中
お盆休みとさせていただきます。

平素からご来院していただいている皆様には
大変なご迷惑をおかけしてしまいますが、
何卒ご理解をお願いいたします。

期間中もお大事になさってください。

トータルケア綱島

 

2016/05/09
胃腸の調子が悪いと、舌に出る?!

人に舌を見せる機会というのは、普通ならあまりありませんが

鍼灸治療を行う際にはお見せいただくことがあります(舌診)。

 

ちょっと恥ずかしいな…と思われる方もいるかもしれませんね!

ですが、舌を見ただけで体質がわかってしまうことがあるのです!!

 

 

特に胃腸の調子が悪いときには、舌に特別な変化が起こっています。

 

とはいっても舌は千差万別であり、なかなかご自分では

舌に起こっている変化に気づけないかもしれません。

 

そこで登場するのが、我々鍼灸師なのです!!^^

 

 

どんな感じの変化が起こっているかというと、

舌が通常よりも大きくむくんだような感じになっていたり…

舌の縁の部分に歯のあとがギザギザとついていたり…

 

こういうときには、胃腸(脾胃)に問題があるのです!

 

 

むくみやギザギザというのは、どちらも身体の中の水分が

異常に多くなっていることを示しています。

 

胃腸(脾胃)は、食べ物から栄養を吸収するだけでなく

水分も吸収して代謝していきます。

 

その働きが弱くなっていると、全身に余分な水分が溜まりやすくなり

それが舌にも反映されると、むくみやギザギザになります。

 

 

舌を見るだけで、胃腸をはじめとした

内臓(五臓六腑)の働きがわかってしまうのですね!!

 

本当かな…と疑いたくなるのですが、これも長い年月をかけて蓄積された

たくさんの経験から得た統計によるものなのです。

私もはじめは疑っていましたが(笑)、実際見ると嘘ではないのです!

 

 

ただ、先ほども述べた通り、ご自分では舌の変化に気づきづらいので

気になる方はスタッフまでお気軽にお声かけください~!