横浜市港北区綱島で、マッサージ・鍼灸・O脚矯正・美容鍼灸、訪問マッサージなどお探しならトータルケア綱島へ

新着情報

2019/04/20
東洋医学的な健康観とは?

前回まで、便のお話をしてきましたね。

尿や便は、東洋医学ではとても大切な情報源です!

なかなか日常で話題に出ることが少ないですが^^;

 

舌やお腹、脈をみたり、排せつの話をしたりというのは

東洋医学がちょっと特殊かな?と思われる部分かと思います。

 

今ではそんなに馴染みのものではなくなってしまった東洋医学ですが

実は明治時代以前は、鍼灸治療もごくごく一般に行われていたのですよ。

 

 

というわけで、今回は今あまり馴染みのない東洋医学に

再び馴染んでいただこうということで、東洋医学の健康観についてお話しします。

 

 

比較のために、まず西洋医学的な「健康」状態ってどんなものでしょう?

病気でなく、健康診断の結果も問題ない…という感じでしょうか。

 

“ゼロ”であれば健康、“イチ”になってしまえば病気。

その線引きが比較的ハッキリしているのが西洋医学かなと思います。

 

 

対して東洋医学ですが、病気である“イチ”の状態はもちろんですが

“ゼロ”と“イチ”の間に存在する値に、重きを置いています。

 

病気ではない、健康診断でも大丈夫。

でも毎日元気に過ごせているわけではない…

 

東洋医学ではこの状態を『未病(みびょう)』と呼んで

治療対象としています。

 

 

ですので、日頃何とかだましだまし動いていたり

栄養ドリンクを飲んだりして頑張っていらっしゃるような方こそ

鍼灸治療を受けにいらっしゃってください!

 

「これ!」という不調がなくても良いのです。

何となく「元気出ないなー」というときに、お気軽にお越しください。

 

当院は、きっとご健康のためにお役に立てると思います。

2019/04/18
良いお通じを知りましょう!

 

前回のつづき、いきます!

 

 

性状ですが、バナナのような便が、強くいきまずにスルッと出て

水の中で崩れてしまうことのない(柔らかすぎない)状態が理想です。

 

 

色は、黄色っぽいものからこげ茶っぽいものなどいろいろですが

明らかに普通の便の色ではない白や黒、赤の場合は

専門の医療機関を受診しましょう。

 

黄色~こげ茶の間で、より黄色に近い方が

大腸の通過時間が短く済んでいる良い便です。

 

こげ茶っぽく、便がコロコロして硬い場合は

水分不足、食物繊維の不足を考えます。

 

同じコロコロ便でも、特に小さめの便の場合は

過敏性腸症候群(便秘型)のことがあります。

 

理想よりも緩い場合も、過敏性腸症候群(下痢型)のことが。

 

 

便の形や色、もしかして不調なのかも??という方、

鍼灸で自律神経をはじめとした体調を整えて

スッキリ快調な毎日を目指してみませんか?

 

 

2019/04/12
お通じ、正常ですか?

前回は「舌」を意識するというお話をさせていただきましたが

日頃から気を付けている方も多いのが、お通じですね。

 

今日は何回、前回は何日前に…

このくらいは皆さん何となくでも記憶されているのでは?

 

 

東洋医学では「二便(にべん)」といって

尿や便の回数・性状によって身体の状態を把握し

証を立てる(≒診断)に役立てています。

 

そうなのです。「性状」も!!なのです。

「性状」…つまり色や形、硬さ、においも含みます。

 

 

さて皆さん。ご自身の便は普通ですか??

そもそも、普通の便ってどんなものなのでしょうか?

 

前回の舌同様、人とあまり(というかほとんど)比べることのないものですが

舌にしても便にしても、身体の中にしまっているものなので

それをしっかりと見れば身体の中の状態をつかみやすくなります。

 

 

回数でいえば、一日に1回~数回出る、もしくは2~3日に1回くらいで

出ない間に不快感がない、そして出した後にスッキリ感があるときは

便秘とはいわないそうです(明確な定義はないそうですよ!)。

 

気になる性状ですが、長くなってしまうのでまた次回に^^

 

2019/04/11
舌の診かた~舌診~

新年度が始まりました!!

新しい出会いも多くなる季節、気を付けたいのが身だしなみですね。

 

あたたかくなってきたなぁと思えば急に寒くなり。服装も難しいですよね。

もしかしたら、ちょっと風邪かも…という方もいらっしゃるかもしれません。

 

春の風邪についてのお話もしたいところですが!

今回のテーマは『舌』。「舌診(ぜっしん)」についてです。

 

 

先ほど身だしなみのお話をしましたが

自然と鏡を見る機会が多くなる(気がする)この時期に

ぜひ少し気を付けてみていただきたいのが「舌」です。

 

人と比べたことのある方は少ないかもしれませんが、

舌の色や形、大きさは人によって、また体調によっても異なります。

 

 

例えばこの時期、お酒を飲む機会が多くなっている影響で

いつもよりも舌がむくんだようになり、舌の縁に歯の痕がつく人も。

もしかしたらコケも少し増えているかもしれません。

 

また、年度はじめで忙しく、普段より睡眠を取れない人は

舌の赤みが少し濃くなったり、ひび割れのようなシワができたりします。

 

 

急にバーン!と変わるわけではないのですが

日によってあれ…いつもと何だか違うかも、と気づくことがあるかもしれません。

 

日々の体調管理や治療を受ける際に役立てることができますので

ほんの少し、意識してみてはいかがでしょうか?

 

舌と体調についてはまた少しずつご紹介しますね^^

2019/04/07
過敏性腸症候群(IBS)ってどういう病気?治療編

前回までに、過敏性腸症候群(IBS)のように

ストレスが深く関わる病では「肝」を中心として「脾」なども

その影響を強く受ける、というお話をしました。

 

 

実際の治療では、患者さんの身体の状態をさまざまな方法で見て

そこから得た情報から“証”というものを決めていきます。

 

“証”を現代医学的にいえば、診断です。

患者さんの身体の中の状態を表し、そして治療法も示します。

 

 

過敏性腸症候群(IBS)の場合の“証”は、

「肝気鬱結(かんきうっけつ)」や「気滞(きたい)」といわれます。

 

名前から「肝の障害」「気の巡りが悪い」というのがわかりますよね。

このように原因がわかったら、そこを治療してあげれば良いわけです。

 

したがって、肝に関係するツボ(経穴)や、気の巡りを良くするツボを使います。

「脾」つまり胃腸に症状が出ているので、胃腸に関連するツボも使います。

 

 

人によって“証”や治療方針が大きく異なることはありませんが、

(“証”決定の際、肝気鬱結や気滞などと見る角度によって言い方が変化することはあります)

どのツボを選ぶかや使う数というのは鍼灸師さんによって変わってきます。

 

鍼灸治療を受けられる際は、何でこのツボ?と聞いてみるのも面白いかもしれません。

セルフケアもしやすくなりますので、ご興味のある方はぜひ聞かれてみてください^^