横浜市港北区綱島で、マッサージ・鍼灸・O脚矯正・美容鍼灸、訪問マッサージなどお探しならトータルケア綱島へ

新着情報

2018/08/25
薄毛・脱毛の原因とは? その3

前回に引き続き、薄毛・脱毛のお話です。

今回はまず、①加齢によるものについてお伝えします!

 

 

年齢を重ねると、髪は一本一本が細くなります。

また、コシがなくなるため根元が立ち上がらず、ぺったんこに。

 

加齢の場合、髪だけでなく全身もこのように栄養不足であり

同時に新陳代謝も活発でなくなるため、次の毛がなかなか出ません。

 

 

東洋医学でいう栄養が「血(けつ)」ですから

栄養不足は血不足、すなわち「血虚(けっきょ)」という状態です。

 

ではなぜ「血(けつ)」が減ってしまっているのでしょう。

 

その理由は、加齢による「腎(じん)」の衰えにあります。

「腎」は東洋医学でいう内臓、五臓六腑のひとつで
西洋医学の腎臓と同じ、尿を生成する働きにも関わりますが
東洋医学独特の考え方では、“生命力”を貯蔵しているとされています。
生まれて成長し、大人になり寿命を全うするまで
「腎」が持っている“生命力”と、食べたものから得たエネルギーで
人は生きているとされているのです。
年を重ねると、「腎の」持っている“生命力”も減ってきますし
食が細くなり充分に食べものからエネルギーを得ることもできず
身体に必要な成分、気・血・水が作れなくなってしまうのです。
ですから、加齢による薄毛・脱毛の場合は
この「腎」の力をなるべく元の状態に近づけることが必要になります。
東洋医学に則った食生活、薬膳では
豆類や、ゴマなどの黒い食べ物が良いとされています。
鍼灸治療では、腎の力が集まる下腹部(丹田)などに施術します。
特に用いられるのが「関元(かんげん)」というツボで
おへそから指4本分下に下がったところにあります。
何だか最近髪に元気がないなぁという方。
いつまでも若々しくいたいという方。
お気軽にご相談いただければと思います。

2018/08/18
薄毛・脱毛の原因とは? その2

前回お伝えしたように、薄毛・脱毛には

「血(けつ)」の状態が大きく関わっています。

 

身体の中のうるおい・栄養分である「血(けつ)」ですが

特に髪との関係が大きいものだといわれています。

 

それを示す言葉に、“髪は血余(けつよ)”というものがあります。

 

つまり、髪は身体の中で余った分の血を利用して

成長したりうるおったりしているものなのです。

 

「血(けつ)」の栄養で成長し、うるおっているのですが

不足によって、薄毛や脱毛、髪のパサつきにつながってしまうのです。

 

薄毛・脱毛の大きな要因となりうる、

①加齢、②妊娠出産、③ストレスについて

次回から、東洋医学的な考え方をお伝えします!

 

 

2018/08/11
薄毛・脱毛の原因とは? その1

最近、シャンプーの際に髪がよく抜ける…

朝起きると枕にごっそり髪がついている…

部屋の掃除をすると髪がたくさん落ちている…

以前よりも髪のボリュームがなくなった…

 

こんなこと、ありませんか??

 

 

今回から、東洋医学的な観点から

薄毛・脱毛についてお話ししたいと思います。

 

薄毛や脱毛の原因としては、年齢によるものや

何らかの原因が作用して一時的に起こるものがあります。

 

後者は、過度な食事制限などによるダイエット、

妊娠出産に伴うホルモンバランスの変化、ストレスなど。

 

このように薄毛・脱毛にはさまざまな原因があるのですが、

東洋医学的には、身体の中の「血(けつ)」の状態が

悪くなってしまっていることが考えられます。

 

東洋医学でいう「血(けつ)」とは何なのでしょう?

 

身体を構成する物質は「気」「血(けつ)」

「水(すい)」の3つだとされています。

 

「気」は、身体を動かす原動力・パワー。

「血(けつ)」は、うるおいと栄養。

「水(すい)」も、うるおいです。

 

さまざまな要因によって、頭部の「血(けつ)」が不足すると

髪が栄養を受けられずに抜けてしまうのです。

 

次回は、薄毛・脱毛と「血(けつ)」の関係について

もう少し詳しくお伝えしたいと思います^^

2018/08/04
突然の歯の痛みでお困りのときは!

休みの日なのに、急に歯が痛くなってしまった!

こんなときに、歯医者さんはお休みだ!!

…ということ、ありませんか?

 

受診するまでの間、少しでもその痛みを

和らげられたら良いと思いませんか??

 

あくまでも、痛みを少しの間和らげるだけで

歯の治療にはならないのですが、

そんな方法があるのです!!

 

 

最近では、ご存知の歯医者さんも多いのが

「合谷(ごくこく)」です。

もしかしたら、みなさんもご存知かもしれませんね。

手の甲側の、親指と人さし指の間にあるツボです。

 

 

でも、合谷ではどうにもならない~というとき。

実はもう一つ試していただきたいツボがあるのです!

 

それが、足三里(あしさんり)です!!

 

膝のお皿の逆三角形の、上の二つの角のうち

足の小指側の角の下にある凹みから指4本分下にあります。

 

ちょうどすねの骨の外側にあたり、

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉の上にあります。

 

 

この足三里の周辺、すねの骨に沿って前脛骨筋を触って

痛いところがあれば、そこを指などで押してみてください!

 

あくまでもその場しのぎですが、

お困りのときには試してみる価値があるかもしれませんよ?