横浜市港北区綱島で、マッサージ・鍼灸・O脚矯正・美容鍼灸、訪問マッサージなどお探しならトータルケア綱島へ

新着情報

2018/03/31
産後の骨盤ケア(骨盤矯正)

妊娠中、特に赤ちゃんが大きくなってくるとお腹が出てきますね。

また、見た目にはわかりづらいですが、赤ちゃんが入っている骨盤も

スペースを広げようと形が少しずつ変化します。

骨盤の骨は外側に向かって広がり、骨を支えている筋肉などは緩まります。

赤ちゃんの成長に合わせて急激に変化するため、

お産が近づくと骨盤まわりに痛みを感じる方も少なくありません。

そして、出産を終えてもなかなか元の状態に戻らない…という方も。

骨盤のケアをしないと、体型が戻らなかったり冷えやすくなったり

さらには婦人科系のトラブルも起こりやすくなります。

これから出産を控えている方、産後の変化にお悩みの方、

骨盤矯正をご検討されてはいかがでしょうか?

ぜひ一度ご相談ください!

 

 

 

 

2018/03/31
妊娠中のトラブルに!~逆子編~

妊娠中の鍼灸治療で特に有名なのが、逆子治療。

 

通常赤ちゃんは、お腹の中で頭を下にして、頭から外に出てきます。

 

しかし、頭が下にない状態にあると「逆子」と言われます。

そして「逆子」だと、帝王切開(手術)となることも多いです。

 

お産が近づくと自然と治ることも多いのですが、万が一に備えて

ママは、寝方を工夫してみたり体操をしてみたりといろいろ試されているようです。

 

鍼灸での逆子治療は歴史が古く、たくさんの経験に基づいて導き出された

特効穴(よく効くツボ)というのがあります。

「三陰交(さんいんこう)」と「至陰(しいん)」です。

この2つのツボ(経穴)にお灸するというのが有名です。

 

*「三陰交(さんいんこう)」

内くるぶしの一番高いところから、指4本分膝の方に向かったところにある。

少し凹んでいるように感じられることが多い。

 

*「至陰(しいん)」

足の小指の爪、外側の付け根にある。

 

 

最近はインターネットの普及に伴い、ツボの取り方・お灸の仕方など

調べられて自分で行なってみた、という方も多いのですが…

おひとりおひとり体質は違うものですので、みなさんが同じ方法で治るとは限りません。

(ツボを本当に正確に取るというのも難しいですしね!)

 

その点、鍼灸院での施術は、個々の体質の違いに対応することができますので

ご自身でケアされるよりも効果をあげることができるのです。

 

また、逆子は早めの対処が重要ですので、お悩みの方はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

2018/03/28
妊娠中のトラブルに!~基本編~

赤ちゃんを授かって幸せいっぱいの妊娠中。

…のはずですが、実は大変なこともいっぱいありますよね!

 

お腹の中に宿る新しい命を育むために

ママの身体は、見かけだけでなく体調にも大きな変化が起こります。

 

 

順調に育ってくれるか不安…

とにかくつわり(悪阻)がつらい…

出産が近づいているが、逆子が治らない… などなど。

 

体調が悪くなったときに薬を飲む、という方は多いと思いますが

妊娠すると、赤ちゃんへの影響もあるのでなかなか簡単に服薬もできません。

 

 

実は、そんなときにお役に立てるのが鍼灸なのです!!

妊娠中のさまざまなトラブルに対応が可能です。

しかも、おひとりおひとりの体質に合わせた施術ができます。

 

 

妊娠中を、心も身体もトラブルなく安心して過ごせるように…

お悩みがある方は、ぜひ一度当院までご相談ください!

 

 

 

 

2018/03/24
頭痛を治したい!~偏頭痛(片頭痛)対処法編その2~

前回に引き続き〝血管〟が原因となる偏頭痛(片頭痛、血管性頭痛)のお話です。

 

偏頭痛で大切なのは、まず血流を良くしすぎてしまう原因を探って予防すること。

それでも起こってしまうときは、なるべく悪化しないように過ごすことです。

 

今回は、偏頭痛の悪化を防ぐ方法をご紹介します。

 

・冷たい水で濡らしたタオルを痛いところにあてる

冬に暖かい場所から寒い場所に出ると、手などの血管が収縮して冷たくなります。

それと同じで、少し冷やしてあげると血流が落ち着きやすくなります。

ただ、あまり冷やしすぎると刺激となって逆効果になりますので要注意です!

 

・浴槽には入らず、シャワーで済ませる

身体を温めてしまうとますます血流が良くなってしまいます。軽めにしましょう。

 

・暗い部屋で横になっておとなしくする

夜寝るときは、お昼間に比べて心臓の動きもおだやか・血流もおだやかです。

なるべく落ち着く環境、外から刺激を受けない環境をつくりましょう。

 

 

緊張型頭痛のときとは異なり、血流が良くなりすぎないことがポイントです!

 

ただ、人によっては緊張型頭痛と片頭痛のどちらも起こしている方もいます。

なかなか改善されない場合は、ぜひ当院までご相談ください!

 

2018/03/21
頭痛を治したい!~偏頭痛(片頭痛)対処法編その1~

今回は〝血管〟が原因となる偏頭痛(片頭痛、血管性頭痛)の

ご自分でできる対処法をご紹介します。

 

偏頭痛は頭の血管が拡張しすぎて(血流が良くなりすぎて)起こる頭痛です。

ここであれ?と思っていただいた方、ありがとうございます!

 

血流が良いのに痛むのはなぜ?…ですよね!

 

前回お話しした緊張型頭痛は、筋肉がこって血流が悪いために起こる頭痛でした。

それに対して偏頭痛は、血流が良すぎ=血管が太く拡張しすぎて、そばを通る神経を

刺激してしまうために起こる頭痛なのです。

 

ではなぜ血流が良くなりすぎてしまうのか。

 

それにはたくさん考えられる原因があり、人によって異なりますので、

偏頭痛でお悩みの方は、その頭痛を起こしている原因を探ることから始めましょう。

 

特に頭痛を引き起こしやすいものは以下のものです。

 

・仕事でのストレス

この場合、リラックスして血管が拡張したときに偏頭痛が起こりやすいです。

 

・睡眠の過不足

・光や音など外界からの刺激

・女性ホルモンの変動(生理周期)

・食べ物(チョコレート、チーズなど)

・家族にも偏頭痛持ちがいる

 

 

偏頭痛の発作が起こるときに共通するもの・傾向をつかんでおくと

つらい頭痛を予防したり軽減したりできます。

これを機会にご自分の生活をしっかり見てみましょう。